日ごろのケア

ご使用の前に

ガス器具の近くに燃えやすいものを置いていませんか。(燃えやすいものを置くのはやめてください)



点火・消火は目で確認

ガス器具への点火・消火は目で確認するようにしてください。
ガスの使用中にその場を離れるときは、面倒でも火を消してください。



いつも青い炎で

ガスの炎は必ず『青い炎』でご使用ください。赤っぽい炎は不完全燃焼をしています。


○完全燃焼

安定した青い炎で燃えています

×空気過多

炎が黄赤色でゆらゆらと勢いがありません

×空気不足

ゴーッと音をたて、炎が飛んでいます



お部屋の換気をしっかり

ガス器具を使用するときは換気扇を回したり、ときどき窓を開けるなどして、新しい空気を取り込んでください。
小型湯沸器をお使いになるときは長時間(30分以上)のご使用は避けてください。
ガスファンヒータをお使いのときは1時間に1回以上は窓やドアを開けて換気してください。

※一酸化炭素(CO)中毒事故を防ぐため、CO検知器の設置をおすすめしています。



ガス栓・器具栓のチェック

お休み前やお出かけになるときは、ガス栓や器具栓が閉まっているかご確認ください。
使っていないガス栓には、必ずゴムキャップをつけてください。



ガス器具はこまめにお手入れを

ガスコンロは、煮こぼれやホコリなどでコンロの穴が詰まると、不完全燃焼の原因となります。
ワイヤーブラシなどでときどき掃除してください。

※ガス器具のお手入れで、ネジなどを取りはずす必要がある場合は、必ず当社までご連絡ください。



ゴム管のチェック

ゴム管を折り曲げ、ひび割れやキズが見えるもの、弾力がなくなったものは、すぐにお取り替えください。
ゴム管は検査合格マークつきのものをご使用ください。
ゴム管はできるだけ短かめにし、元栓や器具栓にしっかり差し込み、ホースバンドで止めてください。


ゴム管を長くしたり、物かげを通したり折り曲げたりしないでください。
三つ又は危険ですので絶対に使わないでください。



ガス漏れ警報器のチェック

ガス漏れ警報器は床の近くに設置してください。
電源が抜けていないか確認してください。



小型容器の管理

鍋料理やバーベキューなどに使われる小型のLPガス容器についても 転倒や転落をしない措置をとってください。
ご使用後は容器バルブを確実に閉め、直射日光の当たらない、風通しのよいところに保管してください。

ガス機器について

ガス機器はLPガス用のものをご使用ください

都市ガス用器具はご使用になれません。不完全燃焼を起こして危険です。
LPガス用器具は全国共通です。
取扱説明書をよく読んで、正しくご使用ください。

※新しくガス器具を取り付けるときは、当社までご連絡ください。

Copyright(c) 2016-2017 KyusyuSekiyuGas Inc. All Rights Reserved.