停電したとき

停電時にガス機器を使用するときの注意点

窓や扉を開けて、かならず換気が確保されるよう十分にご注意ください。
また、長時間のご使用は避けましょう。


  • ・停電時は換気扇やガス漏れ警報器が作動しません。ガス機器をご使用になる場合は、必ず窓を開けるなど十分に換気を行ってください。
    何らかの要因で十分に換気ができない場合は、ガス機器のご使用はお控えください。

  • ・ガス小型湯沸器・暖房ガス機器・ならびに業務用機器をご使用の場合は、特に換気にご注意ください。 換気が不十分な場合、不完全燃焼により一酸化炭素中毒に至る恐れがあります。

  • ・早朝や夜間の停電では視界が悪く、操作を誤ったり、やけどなどの危険もありますので、操作には十分ご注意ください。

  • ・100V電源(コンセント接続)を必要とするガス機器につきましては、停電時にはご使用いただけません。

  • ・不要不急のガスのご使用は、極力お控えいただくようお願いします。

» 一覧へ戻る

停電時のガス機器利用について

停電時に使えるガス機器(例)

100V電源を必要としないガス機器(乾電池式など)は、ご使用いただくことができます。

  • ・ガスコンロ
  • ・ふろがま
  • ・小型湯沸器
  • ・ガスストーブ

※100V電源を使用している(乾電池式ではない)一部のガス機器は、ご使用できません。
ただし、停電時対応用の乾電池ケースや内蔵の乾電池ボックス等をご利用いただくことで、ご使用いただけるガス機器もございます。


停電時に使えないガス機器(例)

100V電源を必要とするガス機器は、停電時にはご使用いただくことができません。

  • ・給湯器、給湯暖房用熱源機
  • ・ガスファンヒーター
  • ・浴室暖房乾燥機
  • ・ガスオーブン
  • ・ガス温水床暖房
  • ・ガス衣類乾燥機
  • ・エコウィル
  • ・エネファーム

※突然の停電で機器が停止した場合、ガス機器の不具合につながる可能性があります。
計画停電で停電時間が分かっている場合は、事前に運転スイッチ(又は電源スイッチ)をお切りください。
» 一覧へ戻る

水抜きによる凍結予防

給湯器が凍結する可能性がある場合は、水抜きによる凍結予防を行ってください。


ガス給湯器には、外気温が下がると自動的に機器内を保温するヒータ(凍結防止装置)が組み込まれていますが、 停電時にはこの機能が働かず、機器内において凍結する可能性があります。
凍結した場合、機器内の凍結が溶けるまでご使用いただくことができません。
給湯器が凍結する可能性がある場合は、取扱説明書をご確認のうえ水抜きを行ってください。


» 一覧へ戻る

停電から復帰したときの注意点

ガスをご使用の前に、ガスのにおいがしていないか確認してください。

ガスのにおいがしたら、火をつけたり換気扇や電気のスイッチには絶対に触れないでください。

  • ※火気は厳禁です!
    コンセントやスイッチは着火源となる火花がでるので、「ON・OFF」どちらもしないでください。 窓をあけ自然換気をして、すぐに最寄りの事業所までご連絡ください。
  • ■ガスくさいときは   こちら

  • ・異常がなく、ガスのにおいがしなければ、再び使用することができます。正常に換気できる状態であることを確認してください。

  • ・ガス機器(ふろ給湯器等)によっては、各種設定・機能(時計や湯温、湯量など)がリセットされ、初期設定に戻る場合があります。
    ご使用の前に、各製品の取扱説明書をご確認のうえ、再度設定をしてご利用ください。

  • ・停電復旧後にエラー表示等がでた場合は、各製品の取扱説明書をご確認ください。

» 一覧へ戻る
Copyright(c) 2016-2017 KyusyuSekiyuGas Inc. All Rights Reserved.