ガスメーターの安心機能

ガスメーター(マイコンメーター)は、次のような場合にガスを遮断します。

  • ・長時間一定量のガスが流れたとき
  • ・地震などの揺れや衝撃(震度5相当以上)を感知したとき
  • ・流れるガスの圧力が低下したとき
  • ・通常より多量のガスが流れたとき

異常を感知するとランプが点滅し、自動的にガスを止めます。
ガスメーターの液晶画面に遮断の原因を表示します。

ガスメーターの表示

継続使用時間オーバーによる遮断

  • ・ガスが連続して一定に流れ続けると、所定時間で自動的にガスを止めます。
  • ・ガス機器の長時間使用やお湯の連続使用、ガス器具の消し忘れなどが考えられます。


感震器作動による遮断

  • ・ガスを使用中に地震(震度5相当以上)が発生したときなど大きな揺れや衝撃を感知すると、自動的にガスを止めます。
  • ・メーターに衝撃を受けたり、大型車両による振動が与えられたときも、ガスを止める場合があります。
  • ・ガス警報器とガスメーターが連動している場合は、警報器が鳴ったときも同じ表示になります。


圧力低下による遮断

  • ・ガス配管内の圧力が異常に低下したときに、自動的にガスを止めます。


流量オーバーによる遮断

  • ・メーターに設定された流量を超えて多量にガスが流れると、自動的にガスを止めます。
  • ・ガス配管の破損やゴム管外れ、ガスの元栓の誤開放などもガス漏れと判断し、ガスを遮断します。


または

ガス微少漏れの疑いによる警告

  • ・30日以上連続して微少なガスの流れを感知し続けると、ガス漏れの疑いがあると判断し、警告を表示します。
  • ・ガスはご使用いただけます。(お知らせ表示のみ)
  • ・ホースのゆるみ、亀裂や割れ、ガス配管の接続部からの微少漏れなどが考えられます。

  • ※ガスメーターバルブ(メーターガス栓)は、普段は開けたままにしてください。
    ガスメーターバルブ(メーターガス栓)を閉めると、警告が正しく機能しません。

※ガスメーター(マイコンメーター)には、このような機能がありますが、すべてのガス漏れや、てんぷら火災、一酸化炭素中毒事故など、あらゆる事故を完全に防止するものではありません。


自動的にガスが止まってもガス漏れがない場合は、復帰操作を行うとガスが使えるようになります。
「圧力低下」、「流量オーバー」、「ガス微少漏れの疑い」の表示がある場合は、安全点検をいたしますので最寄りの事業所までご連絡ください。
■ガスメーターの復帰方法については   こちら
Copyright(c) 2016-2017 KyusyuSekiyuGas Inc. All Rights Reserved.